借地を持ち続ける「リスク」とは

あなたは利用していない、利用する予定のない借地を
いつまで持ち続けますか?

また、もし自分で借地の建物を
売却しようと動いたとしても・・・

「地主との交渉がまとまらない。」

「買い手がみつからない。」

「不動産会社の査定額に納得できない。」

「不動産業者や税理士などに相談したが、
提案された解決策に納得できない。」

など、借地を売却しようとしてみたが
思っていたよりも簡単ではないと知り

もうこれ以上どうして良いか分からない…
と身動きがとれなくなってしまう方も
少なくありません。

しかし、だからといってこのような借地を
放置しておくことはおすすめできません。

今回は、「利用しない、利用予定の無い借地」を
持ち続ける事でどのようなリスクがあるか
お伝えします。

◆建物が老朽化する「リスク」

借地のリスクとして、まず考えられのは、
建物の老朽化です。

ここ沖縄に存在する借地上の建物も、基本的には
築40年~50年以上経っていることがよくあります。

建物がすでに古くなり傷んできているうえに、
老朽化が進んだ結果、

建物としての機能を失い、
建物としてみなされなくなると

借地権が消失してしまう可能性が出てきます。

この建物を利用するための借地権を
維持するためには、建物の維持が
必要不可欠になりますが、

この借地権を維持するために
コストが掛かってくるのです。

利用しない、利用することのない建物に対して

メンテナンスしていくコスト
リフォームを掛けるコスト

その他にも、地代固定資産税などを
払い続けることになってしまいます。

このような費用を、払ってでも
借地権を維持できるという
余裕のある方なら良いのですが…

あなたは、このような無駄ともいえるような費用を
今後も払い続けていきますか。

◆借地の状況変化に対する「リスク」

また、その他の借地を持ち続ける
「リスク」としては、

将来の借地の条件が悪くなる可能性が
あることです。

「今まで、長い間利用してきた借地だから、
これからも大丈夫だろう」

と思ったりしていませんか。

これに関しては、当サイトの「相談受付」ページでも
少し触れていますが、

時間が経つことで、地主さんの意向が変わったり
相続や代替わりなどが発生することで

地代の見直しを要求されることがあるため
これまでの条件がいつまでも
続くとは限らないのです。

これが引き金となって、地主との
揉め事が起こり、事態が深刻化し

裁判に発展してしまうケースは
よくあります。

このような揉め事になってしまうと
借地を売ることが、困難な状況に
なってしまい

結果的に、場合によっては解決策が無くなり
「凍結」された状態になる可能性もあります。

しかも、問題の原因である「借地」が

利用しない、利用する予定も無い借地であればどうでしょうか…

◆最後に

「借地」には、このようなリスクがついてまわります。

そのため、もしあなたが

利用しない借地や利用しなくなる
予定がある「借地」をお持ちならば

まずは、今後の利用をしっかり考え
それに対する準備をすすめ
少しずつでも行動しましょう。

また、もしそれらがうまくいかないとしても
諦めずに解決策を探し続けることを
おすすめします。

ちなみに、意外に知られていない事ですが
借地上の建物がどんなに古くなっても

「売ることができます」

詳しく話しを聞きたいという方は、
当社へお気軽にお問合せ下さい。

スタッフに

「借地の売却について、話を聞きたい」

とお伝え下さい。

【借地の買取事例はこちら…】