赤字が出るうえに手間ばかりかかる「借地」を売却し、「現金化」するメリットとは

あなたは使用していない借地を
お持ちではありませんか。

もしくは使用しなくなる予定のある
借地をお持ちですか。

借地は、利用しなくなってしまうと
無駄に賃料を払い続けることに
なってしまうえに

契約更新の時期には、
地主から更新料の請求や

賃料の値上げの請求などを
受けることで

余計な揉め事の原因にも
なりかねません。

そのため、もしあなたが

「利用しない借地」

「今後利用しなくなる予定の借地」

などをお持ちであれば

それを売却して現金化することを
おすすめします。

売却するメリットとは

まず、借地を売却することで、
無駄な賃料を払う必要がなくなり

地主との煩わしい関係も
解決してしまいます。

そして、借地を現金化するメリットとしては、

例えば、相続の際、借地上の建物を兄弟で分けとなると、
資産分割のために、何度も話合を重ねることにり、
問題が長期化してしまいます。

また、最悪の場合は、兄弟で揉めることに
なる可能性が出てきます。

しかし、相続するものが現金であれば
兄弟で揉めることなく公平に
分けるおことができますよね。

また、借地を売却して得た資金を他の
優良な資産に組み替えることも
可能になります。

このように借地を現金化する事で、借地の問題が解決され
自由度の高い資産の活用ができるようになるのです。

借地売却の準備はお早めに

借地を売却したい人としては、

例えば、「高齢者が単身、もしくは夫婦で住んでいて
維持管理が難しい」や

「コンパクトなマンションに引っ越すための費用が必要」

「息子家族と同居するため、借地が不要になった。」

「施設に入所するための費用に充てたい。」

などという理由から、資産の整理のために
売却を希望する人が増えてきています。

しかし、借地の売却を検討される多くの方は、
状況が悪化し、困ってしまった時に
はじめて準備を開始しています。

今後のライフプランをしっかりと考え
余裕を持って借地の売却の準備を
すすめるという方は、
少ないのです。

そのうえ、借地には、

「地代を払う必要がある」
ということにはじまり、

「住宅ローンを借りるハードルが高い」
ということや

「借地の売却に地主の許可が必要」、「高額な承諾料」、「更新料を請求される」、

「地主との人間関係」、「家の建て替えに地主の許可が必要」など、

買主を遠ざけてしまう借地の
デメリットがあるため

「売りたい」と思ったときに
「売ることができない」
という事が少なくありません。

最後に

ここまで「不要な借地を売却する」ということに関して、
メリット・デメリットを説明してきました。

今回の内容を読んで頂いたことで、借地売却について
理解が深まったと思います。

借地は、安い賃料で土地を利用できるという
メリットはもちろんありますが、

借地を売却したいと思っても
借地特有のデメリットのため、
借地の売却は簡単なものでは
ありません。

また、一般の人が単独で売却を
すすめるということも
ハードルが高いため

借地を専門で扱う業者さんなどに
相談することをおすすめします。