「底地」とは

建物を建てて利用したい第三者に
貸している土地を「底地」と言います。

また、地主(土地所有者)が
第三者に土地を貸し、地代収入を
得ている土地のことです。

「底地」は土地を借りている人(借地権者)
との関係で利用が制限されており
更地(完全所有権)のように地主が
自由に利用することはできません。

また、底地は安定的な地代収入を見込めますが
地代収入は土地価格からの収益性を考えると
低い水準に留まる事が多く、固定資産税や
測量代・相続税などの費用も発生し
さらに収益性は低くなります。

そのうえ、旧借地法では地主と借地人の関係を
平等にすることで、立場の弱い借地人を保護する
という目的があり、地主からの契約解除は
ほとんど認めらておりません。

実質的には、契約期間が「半永久的」に続き
土地が貸したまま返ってこない
ということも少なくありません。

これらのことから「底地」の査定などを依頼した際
評価を一般的な基準に当てはめると
低く評価されてしまいます。

底地の売却や査定の依頼などを
お考えのかたはこちら

底地の無料「相談・買取査定」