底地・借地問題解決のご相談

悩みの多い「旧法借地権」

あなたは、借りている土地や
貸している土地で揉めごとに
なっていませんか。

簡単に説明しますと
借りている土地を「借地」
貸している土地を「底地」
と言いますが

この借地や底地は当事者間で揉めると
安心して生活できないうえに
建替えや権利の売却などが
困難になってしまいます。

特に「旧法借地権」は問題が多く、複雑です。

地主側は自分の土地なのに、なぜ借地人から
『借地権』という形で、土地の買取りを
要求されてしまうのか、

理解に困ってしまいます。

そのうえ要求される価格は
その土地の相場価格の
60%~70%になります。

この金額はこれまでに受け取った地代を
遥かにオーバーするのが通常です。

一方、借地人からすると法律で
守られた権利なので、
当然に自分の権利を
主張してきます。

過去の判例からも、法廷では借地人の
主張が優先されることがほとんどです。

そのため地主側としては、さまざまな場面で
借地人から費用を徴収して
対抗することになります。

たとえば契約更新時の「更新料」や
建替時の「建替承諾料」、
売却時の「譲渡承諾料」、

権利の移転に伴い、地主の承諾が
必要な場合の承諾料、
いわゆる「判子代」などです。

つまり、地主側と借地人側のどちらにしても
問題を抱えている状況といえます。

地主にしてみれば相続税や固定資産税の
対象となるだけで収益性が
低くなります。

借地人も安い地代で利用できているものの、
借地権の転売や更新、建替時に
地主の協力が得られなくては、
物件を動かすことができません。

弁護士に相談した場合は、
時間とお金がかさみます。

円満に解決するには当時者の間で
着地点を見つけることが重要です。

問題を解決に導くプロの知識と経験

私達は、これらの問題解決手段としては、
物納や、底地の購入・売却・仲介、
借地の購入・売却・仲介、
平面的等価交換・立体的等価交換、
同時売却など

事情にあった解決案を
提案致します。

また、旧借地の問題点を熟知した

「相続コンサルティングマスター」
「上級定借アドバイザー」(借地借家)
「不動産ADR資格者(調停人)」
(不動産紛争の仲裁)などの

問題解決に必要な資格の保有者が
在籍しているため、

実践的な解決に力を発揮致します。

そのうえ不動産に特化した専門家と
連携することで、問題解決力を
より強化し

借地人側、地主側の両者の状況に合わせた
柔軟な対応が可能になり
確実に問題解決をできる
体制を整えています。

そして、私達へ相談する際
相談料の心配をする必要はありません。

弁護士などに相談すると
1時間で¥5000~¥10000
掛かってしまいますが、

私達は、あなたの相談を無料でお受け致します。

これまでご相談を頂いたお客様にも
納得して頂ける問題解決を
提案してきました。

これからも借地、底地でお悩みを抱える
お客様へより良い提案をできるように
日々精進していきます。

もしあなたが借地や底地でお悩みなら
是非、お気軽に当社へお問合せ下さい。

ご相談事例

●借地権の譲渡

<譲渡を地主様から拒絶されたケース>

T様からのご相談

[ ご相談内容 ]

毎月の返済が厳しいため借地権付き建物を
第三者に売却したいが、

地主様から譲渡承諾が得られず売却ができない。
さらに地主様から買戻し請求をされているが

請求額ではローンの返済が出来ず、
その後の生活もあり、

応じることができないため、地主様から
追い出されないか不安

[ 結果 ]

地主様の提示額は、時価相当額の
半値程度である事が判明。

地主様に対して第三者への売却を承諾するか
時価相当額での買戻しをするかを請求。

地主様からの回答は、いずれも拒否。

非訟手続きで裁判所による代諾許可の
申し立てを行い、その結果、地主様に
時価相当額で買い戻してもらう事に成功。

当社の取組がTVに取上げられました

番組内の「ギョーテン!住宅情報!!小枝不動産」は
タレントの桂小枝さんがメイン司会者で
出演されている、人気コーナーです。

そのコーナーに、2017年・2018年と
当社の取り組みが紹介され
支店長の宮里は2回とも
出演しております

所在地

会社名:レアルコンサルティング株式会社 沖縄支店

所在地:〒901-2202
沖縄県宜野湾市普天間2-5-2渡慶次ビル2F

TEL098-917-1061

FAX:098-917-1062

支店長:宮里 誉乃

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする