借地についてどれくらい知っていますか?

あなたの借地、今後どのように
利用していくか、考えていますか?

もし老後や相続など、先のことを考え
今後のライフプランのために
借地を売って、資金の足しに
したいのであれば

借地についての知識をしっかりと
持っておく必要があります。

借地を「売ろう」としたことはありますか?

借地を「売ろう」とする
タイミングはいくつかありますが
特に多いのが更新の時期です。

その理由としては、「更新料が高額」
「高齢でもうあと何年も住む予定がない」
など、お金を用意できない、
できるだけお金をかけたくない
というケースがほとんどです。

次に多いのが相続のときで、

親から借地を相続したものの、
こども世代は既に持ち家があり
使い道がないという理由です。

そして最近では、

親が高齢になり子供と同居する。

施設に入所するため、この機会に
借地を現金化しようと考える
という人が増えています。

また、他人に貸している建物を
売却する理由としては、

築年数もが50年を超え、修繕費かかり
結局たいして儲からないので
現金化したいという理由が
多くあります。

長年賃貸経営をしてきたオーナーが
売却するのであれば、

法律や税金のしっかりとした知識があるため
心配ないのですが、問題はその建物を
相続した場合です。

「老朽化しているうえに、しかも借地権。
どうしたらいいの!?。」

という人が少なくありません。

素人が急に賃貸経営のオーナーになるので
管理の方法も分かりません。

ましてや、その建物が遠方にあるなら
なかなか現地に行くこともできせん。

このように、借地にはトラブルが起こる
可能性が多くあるのですが

借地人さんのほとんどが
しっかりとした知識を
持っていません。

その原因の一つは、親から借地を
継いだケースが多いということです。

住んでいる家が借地であることは、
普段意識することはありません。

「売ろうと思ったとき」

「契約の更新があったとき」

また地主さんに

「地代の値上げを請求されたとき」

といった問題に直面して、
初めて借地の大変さに
気づくのです。

最後に

このように、「借地」は普段の生活で
意識に上がることは、滅多にありません。

そのため、普段から借地にたいしての
興味や関心だけでも持つように
してみましょう。

そこで分からないこと、気になることが
出てきたら、自分なりに調べたり、
相談したりするこで、

少しずつ借地に対しての知識を
積み重ねていくことができます。

意識して知識を積み重ねて行くことで
後々、借地の売却や相続を行うときに
スムーズにことを進められるようになります。

また、何か問題が合ったときでも、
適切に対処し、問題に合った
専門家などの相談相手を
選ぶこともできるようになります。

借地に対して必要な知識をつけることは
きっとあなたの今後の計画に
役に立つことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする