「旧借地法」とは

「旧借地法」は、大正10年、戦争に出ている
家主の家族を保護する目的で
制定されたといわれています。

法律の特徴としては、地主から土地を借りて
契約更新を続けることで半永久的に
契約を継続できることでした。

法律が制定されてしばらくは、
土地価格も安く、土地を貸す事で
地代収入もあるため地主にも
メリットがあったのですが、

高度経済成長期に入り、土地の価格が高騰した時期に
割安な地代で返してもらうことが難しい借地は
地主に嫌われ、全国的に新規の供給量が
減少することになりました。

これらを経て平成4年「旧借地法」が廃止され
借地人からの契約期間の延長を拒める
内容を含めた新法「借地借家法」が
施行されたことで、法制度は
大幅に改善されました。

しかし、これまで土地を借りている人に
不利にならないようにということで
平成4年8月の時点で土地を借りていた
新法以前の借地人(相続人含む)には、
「旧借地法」がそのまま適用されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする