借地権(借地)の売買について

借地の権利は、売買や売却・譲渡を
行うことは可能です。

ただし建物の増改築と同様に
「地主様の承諾(書面)」が
ない限りは売却、増改築も
行うことはできません。

もし地主の承諾なく売買・譲渡をした場合は
契約違反となり、地主から借地権の
賃貸借契約を解除され、明け渡し請求を
受けることになります。

そのため売却や譲渡の際、必ず地主の
許可を得ることが必要になります。

また地主は借地権に対して不平等を
感じていることも少なくないため
売却・譲渡を認めてくれない
こともよくあります。

その際は裁判所等に持ち込み(借地非訟)
売買の承諾を得られる可能性もありますが、

「買い手が見つかっていなければ、売却の承諾に
関しての裁判をおこせない」

という事になっており、その時に買い手が
見つからず断念するケースも多いようです。